設 立 / 平成 3年 7月 18日 
行 政 庁 / 内 閣 府 


今日、わが国における産業経済の進歩は著しく、世界の大国としての地位を確保しつつありますが、世界各国は日本躍進の基盤としての科学技術の高度な進歩に大いに注目しております。今後、わが国が21世紀においても、社会、経済、文化の各方面での発展を続けるためには、科学技術水準のより一層の向上が不可欠であります。
また、わが国の国際社会での役割り分担の増大とともに、科学技術の分野での国際協力が極めて重要になっております。

 わが国の科学技術は、国、地方公共団体、産業界等の強力な推進方策及び援
助団体の助成策に支えられ、研究機関・研究者の不断の努力によって進められています。今後これらの推進・援助策のなお一層の拡充がまたれるとともに、さらに独創的な研究の芽を発掘してこれを育て、また研究者相互の国際協力を促進する等きめ細かな方策の必要性が増大しております。

 未来を目指して、科学技術は多岐の分野にわたって、おおいなる発展が図られ
なければなりません。これまでの経済発展の技術的な担い手の一つであった生産工学の分野も、社会のニーズの高度化に対応するため一層の進展が求められております。また、生産工学の基盤でありかつ先駆的技術の温床である理工学の基礎的分野、生産活動と関連のある地域環境の分野等についても研究開発の重要性はますます高まっております。

 このような情勢に鑑み、大澤科学技術振興財団を設立し、独創的な研究開発、国際的研究交流等に対する助成事業及び調査研究、普及啓発等の事業を行い、その基本財産であるOSG Fundを効果的に運用し活用することによって、いささかなりともわが国の科学技術振興に寄与したいと願うものであります。



科学技術に関する研究開発、国際交流等に対する助成



金属等の機械加工に関する生産工学及びその基礎となる理工学の分野



公益財団法人 大澤科学技術振興財団 事務局
〒442-8543 愛知県豊川市本野ケ原3-22(オーエスジー株式会社内)
TEL: (0533) 86-1938
FAX: (0533) 82-1131


※「国と特に密接な関係がある」公益法人への該当性について(公表)  [102KB]


copyright(c) Osawa Scientific Studies Grants Foundation.ALL Rights Reserved.